SSブログ
川田自動車ブログへようこそ!車の故障・修理・車検、その他クルマのことについて、メール又はお電話052-902-5566にてお気軽にお問い合わせ下さい。

平成25年9月3日4日名古屋豪雨による冠水車修理|パート1(BMWミニ・GH-RA16) [車内クリーニング・冠水車]

ここ数年、大雨による冠水車の被害が全国で起きています。

今日は、平成25年9月3日4日に起きた名古屋豪雨による水害車の修理・診断を一部ご紹介させていただきますので、
水害被害に起きたときの参考にしていただけましたら幸いです。


まずは、このBMWミニ(GH-RA16「車両保険加入なし」)です。
自宅のマンションに戻った時は、既に水は引いていて、
どの辺まで水に浸かった解らないということでした。(・・・電話では)

とにかく、
「直るのか?直らないのか?診断してほしい!」ということで入庫いただきました。

エンジンはかからない状態でしたので、
お客様の保険の特約にあるレッカーサービス(保険会社によって変わる)を利用し、
弊社まで運んでいただきました。


BMWミニ(豪雨による水害) (3).JPG


車内はご覧のように水浸しです。


BMWミニ(豪雨による水害) (1).JPG


綺麗な水だったのでしょうか?
通常、どの辺まで浸かったのか、水位の痕跡があるのですが、
この車には見当たりません。

ふと、何気に屋根を見ると・・・・


BMWミニ(豪雨による水害) (2).JPG


屋根が凹んでいるのが解りますか?

お客様に詳しくお話を伺うと、
駐車場は、機械式立体駐車場地上1段地下1段タイプで
地下に駐車していたとのこと。

なるほど、
このミニは、屋根までどっぷり水に浸かって、浮かんでしまい、
立体駐車場の地上部分に当たってルーフが凹んでしまいました。

ここまで水に浸かってしまうと、
車の修理費は、新車を購入する、それ以上にかかります。

大切にしていたお車だったようで、
「何とか修理できないか?」ということでしたが、
廃車させていただくことになりました。

愛車が水害被害にあった場合、
どの辺まで水に浸かったか?この水位がとても重要です。
屋根までどっぷり浸かった場合、弊社では、迷わず廃車にすることを提案いたします。

水害被害にあったらお気軽にお問い合わせください。
(相談だけでも受け付けます)
   052-902-3167    

車の冠水修理について詳しくはこちら!!


<冠水修理>
パート1(BMWミニ)
パート2(ボルボV70)
パート3(BMW320i)
パート4(スイフト)
パート5(ムーブ)
パート6(ノート)

 

 


nice!(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

<ブログ提供先>
株式会社川田自動車 車検整備工場
〒462-0011愛知県名古屋市北区五反田町83
フリーダイヤル 0120-142857
tel:052-902-3167
fax:052-902-3176
URL http://www.g-kawada.com
E-mail information@g-kawada.com
くるま大好き修理スタッフのBLOGはこちらから
こだわりを応援する鈑金ペイントスタッフのブログ
ブログに記載されている写真などの無断複製・無断転載を禁じます。
Copyright 2011 -KAWADA GROUP- All rights reserved.